家を見にいく

最近、あたしの中で「家が欲しい」ってのが凄くあるの。
まぁ、いい年こいてまだぷらぷらしている反動なんだけどね。
で、とりあえずマンションのモデルルームに見にいったんだけど。

うーん。みなさん、こういうのにお金を出すのね。
ある意味、感動できたわ。
だって、できあがるが来年の九月でモデルルームがあるとはいえ実物は見れないわけ。
それでも、3000万とかポンって出せちゃうのよね。ああ、ステキ。

とはいえ、今回見に行ったところはファミリー層をターゲットにしてるみたいだから論外なんだけどね。
別に、最新式のキッチンなんか欲しくはないし、適度にもうちょっと2丁目に交通の便がいいところで、車が置けるところならいいんだけど。

まぁ、本気で買う気ではないし>てか、先に就職しろよまた出かけたついでに見に行って見るわ。

わーお

札幌パレードなんか行ってたら、いつのまにかこんな動きが。

雑誌「薔薇族」が廃刊 部数落ち込み低迷続く

 
 男性同性愛専門誌の草分けとして33年続いた月刊「薔薇族」(第二書房刊)が9月20日発売の382号(11月号)を最後に廃刊されることが22日までに明らかになった。
 伊藤文学編集長(72)は「インターネットや携帯サイトが普及したことや、雑誌を扱う小規模書店が相次いで閉店したことなどで部数が落ち込んだ」と廃刊の理由を説明している。
 「薔薇族」は1971年創刊。当初は隔月発行だったが、その後月刊に。最盛期には約3万部にまで発行部数を伸ばしたが、ここ数年は約3000部と低迷していたという。
(共同通信) - 9月22日19時28分更新




これはどーなのよ。
まぁ確かに、ヤバげなのは分かるけどさぁ・・・。>編集長はノンケで、経済性を求めて発行していたわけだし

うーん。
アドン・さぶ に続いてねぇ・・・。
ちょっとまた考えなきゃいけないことが出てきたわね。

テーブルトーク その2

昨日とリンクさせるわね。

昨日は、あたし有性が終わってから少し寝てたんだけど目を覚ましたらもう19時で。
ああ、テーブルトークに行かなきゃ!って飛び出しても当然の如く遅刻。
筆記用具もすっかり家に置き忘れてたから、大事なこと(これからの示唆を生みそうなこと)さえもうろ覚えなんだけど、憶えている限り書き出してみるわ。
てか、レジュメさえ貰ってない・・・(泣)


・S氏が「イベント型」「リブ型」との分類をしたが、それぞれが手を組まずに独自でやっているから行き詰まりが起こっているのでは(Ex.パレード)
→札幌であったり京都であったり、地方だと動く人が限られるがため必然的にそれぞれに別れることができない

・「リブ」って言ってもどこからがリブなのか。(もしくはボランティアも同様に)
一見すると、もう縄張りがあってなにもできないように思われるが、老後の問題であったり手付かずな分野は多くある。
ニッチだ、なんかをいうよりとにかくやれることからやった方がいいのでは。
(Ex.今回のテーブルトーク)
→まだ、若い人たちが出て来れないって問題も十分にある。某巨大掲示板の「童貞・未デビュー」スレとかね。
これを解決するのもいい「リブ」だろうし、それこそ同世代と話す場を設けること(サロン的な)がある種の活動

・そろそろ政治家が出てもいい頃合い。てか、川上さんがでたことで、LGはTGの人々に遅れを取ったと言う人も居る。
ただ、結局誰が立つかということになると今昔物語の猫に鈴をつける鼠の話と被る。
誰かでたら、多分当選するだろうに。

・aktaの援助はどうも来年の3月までで、その後はお金が出る見こみがないみたい。せっかくのコミュニティセンタが存続できないかもしれない問題。


あと、個人的な思いなんだけど。
「コミュニティ」っていうけど、あたしたちが最終的になにを求めたいか、なのよね。
例えばノンケと同じもの(制度)を求めたいのか、独自のものを求めたいのか。
で、特に前者のときは、もう「コミュニティ」っていうよりそれこそ「社会」じゃないかしら。
もしかしたら「コミュニティ」=「社会」なのかもしれないけど(詳しい人、HELPプリーズ)・・・。
まぁ、後者の場合はまず日本のイエ概念を崩すことからよね。夫婦単位というか。
個人の単位に戻してからやっとスタート地点というか。
で、赤杉さんだったかな。
「もし、個人単位の社会にするのならば、他の人たち-例えば、独身女性(流行りの「負け犬」ね)-も巻きこめるかもしれない」っていうようなことを言っていたと思うんだけど(間違っていたらごめんなさい!)、そのとおりね。

選択肢があればOKなんだけど、いきなり「同性婚に賛成して!」だとハードルが高いのは事実だものね。

なーんてことも思ったりね。
そうねぇ。待ってるだけじゃなくてなんかしなきゃね。何からできるんだか・・・。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ