2004年01月

恋愛成績表

恋愛成績表てのが友人の掲示板にあって。

この手の占い(なのか?)って久しぶりにやったのだけどちょっとねぇ・・・。
問題数が多かったりするし基本的にノンケ向けのなのでどうこういうアレではないけれどもこんな結果になったわ。

とかげのおかしらの恋愛成績表

どうよ?
中学校初恋級とかホントにもうウブって感じね。>全然アピールになってない

あ、あたしと相性診断もできるみたいよ。
もし、こんなのでもよかったらやってみてね。
物好きな人がいて、その結果を知らせてくれるなんて人がいたら
メール楽しみにしてるわ~。

はじめて物語

そういえば最近、オークションで「35歳はじめて物語~僕たちはずっと歩いていく~」を入手したのよ。
これって、なんというか・・・。
定価が3980円(+税)なんだけど、ここまで払うかっていうと微妙ね。
とゆーか枚数が捌けないからこその値段なんでしょうけど。(実売を知りたい)

音(効果音)とか入っているけれどそれだけの処理のために値段が跳ね上がるとは思えず結局は新しい物好き&彼のファン層(いるかって聞かれると困るんだけど。笑)をターゲットにしたなんつーか同人みたいなものだと考えれば納得がいきそう。>納得するな

まぁ、なかなかゲイイラストレータとしての生計は大変でしょうけれど頑張って欲しいものね。>他人事

いまさらだけど学歴詐称について

まぁ、古賀さんの件はいろんなメディアで垂れ流し状態ですが。

「けじめ」疑問だらけ 歳費返上は公選法違反 単位取得 国会多忙で非現実的

 民主党の古賀潤一郎衆院議員が二十七日の会見で、学歴真偽問題への「けじめ」として挙げたのは(1)民主党離党(2)議員報酬を受け取らない(3)米国大学卒業に不足する十九単位を国会閉会中にできる限り取得する―の三つだった。しかし、議員歳費辞退は、公職選挙法の規定に反するなど、どの釈明も疑問だらけだ。

 (1)議員歳費返せる?

 議員歳費は、月額百二十三万七千五百円と期末手当五百九十二万千四百七十三円(年二回合計)が支給されている。

 衆院事務局によると、議員歳費の返納は、公職候補者等の寄付行為の禁止を定めた公選法一九九条の二項の違反に当たるという。衆院議員の場合、国も「当該選挙区内にあるもの」にあたると解釈されており、国への返納は寄付行為に当たる。こうした事情からこれまでに返納を申し出た議員はいない。古賀氏の認識不足が図らずも露呈した形だ。

 (2)単位取得できる?

 古賀氏は会見で「卒業まで十九単位不足だった」と自らの学歴に誤りがあったことを認めた。その上で「国会閉会中にできるなら渡米し、一単位でも二単位でも取得する」と表明した。

 だが、多忙な国会議員にその時間はあるのか。国会の開催は、一月から夏までの通常国会と、秋の臨時国会が基本。衆院事務局によると、総選挙後の特別国会もあった二〇〇三年の通算会期は二百十四日。〇二年は二百四十九日あった。イラクへの自衛隊派遣や地方分権、社会保障など課題は多い。

 米国の大学は通常、二学期制か三学期制。春と秋に授業があり、国会開会中と期間が重なる。米国留学経験者は「授業では宿題も多いし、出席の確認も厳しい。簡単には単位は取れない」と指摘する。

 (3)立件の可能性は?

 古賀氏は政治的な責任の取り方として民主党離党を表明した。しかし、離党はその場しのぎの印象が否めず、清新さを売り物にする民主党に取ってマイナスイメージ。党としての責任の取り方も問われる。

 また、与党側は古賀氏が辞職しない場合、議員辞職勧告決議案を提出する構えを見せている。

 学歴に虚偽があったことは既に明らかで、捜査当局が公選法違反(虚偽事実の公表)容疑で捜査に入る可能性もある。法律専門家は「捜査当局は古賀氏が虚偽と認識していたかどうかを重要視するだろう」と言う。虚偽事実公表を禁止した公選法二三五条は「二年以下の禁固または三十万円以下の罰金に処する」と定める。罪が確定すれば、当選は無効となり、失職する。(西日本新聞)
[1月27日14時31分更新]


まぁ、あたしも(かなり)学歴コンプレックスがあるから人のことは言えないけれどさー。
でも、サッチーのコロンビア大学の件でも遭ったように、結局はみなさんやっぱり学歴コンプレックスじゃないのかしらね?
で、だからこういう学歴詐称が発覚すると物凄い勢いで叩くの。

あたしの実家のほうでも誰だったかしら「新間(しんま)しょうじ」って人が―10年くらい前の話だけど―明治大学中退って広報に書いていたけど実は入学もしていなかった!とか話題になったわ。で、確か最高裁判所まで名誉毀損だかなんかの件で争っていたのよ。当然、彼が負けたはずだけど。

あたしは、その「●○◎大学卒業(出身)」だからって理由で投票するかって言われたらまずしないわ。
もちろん、投票するのにさまざまな要因があってその一部だとは思うけれどねぇ。
だから開き直りって言われるのは確実だけど「だからなんなの?」って主張をしてもらいたかったわ。
てか「学歴コンプレックスがあります」「だから嘘をつきました」ってのも幼いけれど。
まぁ、こういうささいな(あたしが思うにはよ!)ところでつつかれるのも(公職選挙法違反ですって)なんだかなーって感じ。

おまけにほらエロ拓こと「山崎元自民党幹事長」の選挙区だったからからこその騒ぎとも言えるわね。

でもねぇ・・・。
勘違いするんじゃないわよ、エロ拓
古賀さんが学歴詐称だったといえども誰もアナタ(エロ拓)を支持するって訳じゃないのよ。

この辺がどうもいっしょくたにしてそうね。さすが、エロ拓。勘違いが素晴らし過ぎるわ・・・。

the runaway jury

ジョン・グリシャムって結構好きだった。
もう最近は読んでいないのだけど。
パートナーぐらいまでは読んだ憶えはあるのだけど悪妙高き「超訳」で「路上の弁護士」を放棄。

そんなおり、基本的に彼の映画がヒットしないように思っているのだけどなぜかまた登場してきました。
そんな折りなので紹介。

今月末から公開だそうで。
「ニューオリンズ・トライアル」

あらら。原作に似てるけどちょっとマイナチェンジがなされてるわ。

「煙草業界」から「銃(販売)業界」に舞台を変えたことでどう変わるかが気になるところ。
どっちも亜米利加では大きな問題ではあるのだろうけど。

でも、煙草と銃ってかなり趣が違うわな。
銃を持たねばならないor not
これってその(使用する)本人の思想が入るわけで。
特に「なんの気なしに止めてみる(手放してみる)」なんてことは困難じゃない?

映画館に行って見る!なんて露ほどにも思わないけれどちょっと気になる映画です。

まじで焦る

今日はお休みだったので惰眠を貪る。

久しぶりに夢を見た。
自分が逮捕される夢

正確には(携帯の)留守電に着信記録があって留守電を聞くと「早く出頭しなさい」とか残ってるの。

( ゚Д゚)ハァ?って感じでとにかくわけのわからん目覚めだった。
てか、なんの容疑だったんだろう?
ファイル交換か?

多分、先日亜米利加で逮捕者がまた出たってことが頭に残っていたのかも。

最近にない目覚めが悪かった今日だった。
(いつもは目覚めて5秒後に活動する勢い)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ