実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止

 総務省は27日、自殺サイトなど「有害情報の温床」ともいわれるインターネットを健全に利用するために、ネットが持つ匿名性を排除し、実名でのネット利用を促す取り組みに着手する方針を固めた。匿名性が低いとされるブログ(日記風サイト)やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)を小中学校の教育で活用するよう求め、文部科学省などと具体策を詰める。
 今週初めに発表する総務省の「情報フロンティア研究会」の最終報告書に盛り込む。
 国内のネット人口は増加する一方だが、匿名性が高いために自殺サイトの増殖や爆弾の作製方法がネットに公開されるなど、犯罪につながる有害情報があふれている。総務省はそうしたマイナス面を排除し、ネットを経済社会の発展につなげていくためには、実名でのネット使用を推進し、信頼性を高めることが不可欠と判断した。
(共同通信) - 6月27日9時36分更新


なんだかね。別にSNS(mixiとか)だって完全に大丈夫なわけじゃないし、某巨大掲示板だって全くもって危険ばかりってわけじゃないのよね。
なんか、あまりに大人が手を出しすぎて子どもが免疫をつけれず、いずれ問題化しそうだわ。

そりゃ、”自己責任”≒”自業自得”だし、痛いこと・してはいけないことは教え込まないけれども、それを教える機会すら奪うのもどうかなぁって思うんだけどね。

というか、どーもブログに関して勘違いをしている記述が気になるわね。
先月だったか、YomiuriWeeklyにもブログの勘違いがあってぶちきれそうになったわ。>キレル必然性なし
きちんと記事を書いて欲しいわ。どうせ、ネットツールを批判する人ってきちんと理解していると言い難いけれどもそれでも最低限度のマナーよねぇ。。。