Links

素敵すぎるわよ、それ

また、Yahoo!さんから拾ってきたわ。
どーして明るみに出ちゃうのかなぁ。

「元ひめゆり学徒の話は退屈…」青学高の入試で出題

 私立青山学院高等部(東京都渋谷区)が2月に行った入試の英語の問題で、沖縄戦に看護学徒として駆り出された元ひめゆり学徒の証言を聞いた生徒が「退屈で飽きてしまった」との感想を持ったという文章を出題していたことが9日、分かった。

 元学徒で語り部の津波古ヒサさん(77)(那覇市)は「私たちが無駄なことをしているようで、やりきれない」と話した。

 英文は1057人が受験した一般入試で出題され、修学旅行で沖縄を訪れた生徒の感想文という形をとった。「正直に言うと彼女の証言は退屈で、私は飽きてしまった。彼女が話せば話すほど、洞窟で受けた強い印象を忘れてしまった」などとしていた。文章は、問題を作成した教師が体験をもとに書いていた。

 大村修文(ただふみ)・同学院高等部長の話「ひめゆり学徒を非難する意図はなかったが、配慮を欠く言葉で不愉快な思いをさせてしまい、大変申し訳ない」
(読売新聞) - 6月10日3時10分更新


正直なところ、別に「退屈だ」とか思ってるのはかまわないわ。
思うのはとめられないし、ヒステリックに「そんな考え方、間違ってる!」と言っても聞く耳を持たない人はいるのは事実だし。
でも、学校側が公の入試問題で出すのはなぁ。

なんだかなんだと、学校は「理想しか教えない」とか言って、露悪的に(それこそ、偽悪的に)意見を述べる人はいるのはいるけど、シニカルに物事を捉えることで物事の本質は変えられないのにね。
生徒自身の判断能力が低くなっているように感じる、このご時勢。非難されようとも、「いけないことはいけない」っていうボーダーを学校側が身をもって示さないといけなきゃと思うんだけど。。。

ボランティア拒否宣言

よく考えると、あたしったら3つも駄文を連ねるスペースを捕獲してるわ。
無駄ね、無駄よ、無駄・・・(>活用が思い付かなかったらしい)。
それらの全部を見てる人はいないから(いないわよね?)、まぁいいか、とも思うのよ。
一応、書いてることはそれぞれ違うし。(>使い分けているつもりらしい)

でも、どーしても書きたいことはあるわけよ。
そう、このボランティア拒否宣言なんつー素敵なものは。

てなわけで表にも書いたのに、またこっちでも転載させてもらうわ。
最後に、あたしのいろんな考え込みでな。


-------------
ボランティア拒否宣言
                  
           《花田 えくぼ》


それを言ったらオシマイと言う前に
一体私に何が始まっていたと言うの
何時だってオシマイの 向こうにしかハジマリは無い
その向こう側に 私は車椅子を漕(こ)ぎ出すのだ

ボランティアこそ 私の敵
     私 はボランティアの犬達を 拒否する

以下は
http://syuwade.gozaru.jp/volunteer.htm
でご覧下さい。
--------

うーんと。
この詩って過激だから昔(発表当時の1986年)も今も論議を醸し出すのは明らかね。
現場の人はむかつくんじゃないのかしら、勝手なこと言いやがって。なんてね。

でも、そういう人たちに警鐘を鳴らしているように思えるのよ、あたしは。
なんか、「自己満足になってない?」っていう。
これ、実はmixiで見つけたんだけど(視野を広げるって意味ではいいかも、あれ)、その意見が結構「犬?………………… そりゃないでしょ。 ひねくれすぎ。」「この手の揚げ足取り」なんて反応があるのよ。全部とはいわないけど。
で、少しは分かるのよ「あまりに、ボランティアをバカにしてる」って。で、「たまたま、彼女の廻りがこんな人だった」とか。
でも、「結果として、役立てばいい」になると少し微妙。

だって、その「結果として」って何よ。今、役立ちなさいよ!って思うわよ(笑)。
ボランティアの存在、というよりも「誰のためなのか」ってところにもう少し論議を当てた方がいいんじゃないのかなぁと思うんだけどね。

もう少し、このトピックの行方を見届けるわ(笑)。

国債

ボーナスが出るわ!
そのボーナスでなにを買おうかしら。

国債でも買おうかしら。先に国民年金を払えですって?わかってますわよ。ふんッ!

そしたらこんな記事が。

うーむ。
短期勝負はちょっとアレなのね。
といって先物取引に手を出すわけにも行かないし。

ダイエー・雪印なんかヤバげで勝負のし甲斐はあるかもしれないけれど。

先日、生徒と話していて株の話になったんだけど高校生の分際で>関係ない整理株なんかを知ってる輩がいたわ。
それはそれでどうなのかと、問い詰めたい気分だったわ。

さぁ、皆様あたしに投資(出資)しない?
1年後には2倍の(ry

寄付どうしよう(汗

今日は久しぶりにリブっぽくいくわよっ。

えっとー。
今年は、東京でもパレードが・・・という話が持ち上がっているってのはもうLGBTの皆様には知っているかしら。
そうなのよ。
「とりあえず」あるみたいなの。

日程は某巨大掲示板で探していただければいいのだけれども(笑)、8/23ですって。
近くなったら、皆様が覗いている(どこでもいいけど)サイトを見たら多分どこかには話題になっていると思うわよ。

で、ホントに寄付>正確には、カンパかは行われるのかとか
やっぱ実行委員長がいないから内部で廻したのねとかいろいろ考えるところはあるのだけど、今回(今日)はそれは置いておいて。

札幌のレインボーマーチなのよ。
あのね。
4月くらいからかな、支援金と称して>正確には、応援団、かDMが来ているのよ。>去年、フロートに登録する際に住所とか書いたのよ

・・・うん。その団体運営というか、続けていくことに関して凄く大変だし、お金が必要なのもわかるのよ。
でもさ、2回もDMする必要があったのかしら
最初は、クロネコさんのメール便で先日は料金後納できたのね。
送るだけでもお金が発生しているわけよ。
そうすると、もっとシンプルにメールとかでもよかったんじゃないかなーとも思ったりするのは正直なところ。

で、いっそのこと入場料でもいいから(人数確保がある上でのことになるんだけど)何らかの形で参加者からの支えがないと厳しいなぁ、と思うのよ、あたしは。
広告収入だって微々たるものだと思うし(東京でないならなおさらね)・・・。

でも、難しいことに無料だったから歩く!って人も多分いると思うの。
900人弱の人数だったってことは、500円/1人だとしても45万でしょ?
で、有料になることで歩かない人が2/3だとひても15万円よねぇ。

まぁ、「お金で解決」って凄くシンプルだと思うのよ。
ただ、当然のことこの問題点は「多様性をアピールする」ことなのだから、ハードル(参加費なりの)を設けることで間口を狭める可能性が有るってこと。

あたしが、参加者は金を払ったほうがいいと思っているからだけかしら。これって。
もしかして元々説得力ないけどさ。なんつーか、コミュニティ(なんて言うと、まさしく幻想かしらね)を支える必要経費だと思うのよ。>バーに飲みに行く・雑誌を買う・自分が出きる範囲で何かしらに参加してみる

そうすると、あたしはお金を出すことに抵抗はないけれども、その方法が(ある種)気に食わないってことなのかしら。

だってさぁ。
3000円からって。
名前を出したりするのは、そう抵抗はないんだけど。>匿名でやれよ


あ、そうか。こっそり大学にリーフレットを置いておきたいから>よく考えたらどこにおいていいのか、とか知らないわ。大学も休みになるから意味ないのかも・・・。本名じゃまずいわやっぱりヘタレ

と思ったり。
同じ大学の方と結託して、なんかやった方がいいのかも。もうちょっと考えてみるわね。

ノンケの発想

嫌がらせのようにメールマガジンが届くのよ。
とはいえ、捨てアドレスにだからどうでもいいのだけれども、たまにヒットするものがあって。
今回はそんな中でちょっとどうなのよ?ってのを。

--------------
6年の間、付き合っている彼氏がいます。とても、とても優しくて愛してくれています。性格的には全然問題がなく、大好きなのに、私に最近好きな人ができてしまいました。付き合ってる彼は高卒で、この先会社での出世等は望めないし、まったく仕事をするのに向いてないのです。金銭的にも余裕があるとはいえない生活になるのがイヤで結婚を延ばしてきました。(ずいぶん正直に書いてます・・)最近知り合った相手は一流大学を出て超エリートです。「結婚を考えて付き合って欲しい」と言われました。彼は、収入も高いし、将来は海外転勤も決まっています。新しい彼の事を、きっと地位や名誉も含めて、将来を考えて好きなんだと思います。
でも、今の彼の事を思うと心が痛みます。結婚はやはり安定でしょうか?それとも・・愛でしょうか・・『打算的な女』と批判があると思うのですが、私の家はかなりの経済的に余裕がない家で、小さい頃の想いを子供にさせたくはないのです。

----
打算的な部分があって当然です。打算的なところを自分で意識しているのは偉いと思いますが、自分を打算的でイヤな女だと思う必要はありません。6年間もつき合ってきた彼をふるときにそんなことを言ってはいけませんが、打算も打算以外の計算もいろいろとあって結婚ということになるのだと思います。そういう要素が少しもなくて、ただ好きなだけで済むなら、結婚のような(別に結婚というカタチをとらなくてもいいのですが)社会的な関係じゃなくても、その場限りの関係でいいわけです。そうではなく一緒に暮らしていこうとか、長く関係を続けていきたいと思うなら、どのくらい相手を本気で好きかという問題に、プラスアルファーの部分が必ず出てきます。それは悪いことではなくて、むしろ当然です。
今度の彼は経済的にもしっかり余裕があり、学歴もあるというなら結構なことじゃないですか。それとも、彼とは打算だけでつき合っていて、恋愛感情はないと言うのでしょうか? 逆に、今自分が考えている計算がイヤだから、計算に合わない人をあえて選ぶというのでしょうか? それも、ものすごく不自由なことではありませんか?というのも、「前の彼は優しくて、愛してくれています」とあなたは言いますが、僕は少しひっかかるものがあるからです。
6年間もつき合ってきて、しかも相手は28歳なわけです。これまで結婚という話は一度も出てこなかったんでしょうか? 相手に妻子がいるというのなら分かりますが、そうではないとしたらなぜでしょう? 「金銭的にも余裕がない生活になるのがイヤで結婚を伸ばしきた」と言いますが、金銭的に余裕があるから結婚するのではなく、むしろ金銭的に余裕がない人たちのほうが結婚には適しています。よーく冷静に考えてみれば分かるのですが、お互いに部屋を借りて別々に住むよりも一緒に暮らしたほうが絶対に安上がりです。一緒に生きていけばなんとかなるもので、まして、あなたも働いているのでしょ!?出世が望めないのはいいとしても、仕事に向いていないとはどういうことでしょう?
仕事をするのに向いていない人なんていないし、だれもがみんな好きな仕事をしているわけではありません。それは社会のイロハで、自分に好きな人がいて結婚したいと思ったら、人はそれなりに一生懸命になるものです。それなのに「自分は仕事に向いていない」なんてことを彼が言っているのだとしたら、甘ったれのヒモ状態じゃないですか!! もしかしたら6年間あなたが持ち出しで頑張ってやってきたんじゃないですか? そうでなければ、よほどメチャクチャなことをしない限り、二人で働いていれば結婚資金ぐらい貯まるはずです。
6年間つき合ってきた彼との関係が愛じゃなかったとは言いませんが、額面どおりには思えません。ひどいことを言えば、彼はあなたと愛情だけつき合っていたんじゃなかったかもしれませんよ。本当にあなたに対して愛情があるなら、仕事の仕方だって考えると思うからです。普通6年間もつき合えば、籍を入れようとか、周りの人に挨拶だけでもしておこうとか、将来こういうことが揃ったら結婚しようとか、もっと真剣に考えるものです。 そういうことなしにズルズルやっていたということは、彼は精神的にもヒモ状態で、あなたは彼にとって便利な女だった可能性があります。自分に対してはっきりものを言わないことが優しさだと思う女性が時々います。しかし、それは優しさでもなんでもなく、ただ自分に弱味があるから言えなかったり、単なる優柔不断だったりします。そういう現実を見極めれば、新しい彼と二者択一に考えるまでもなく、ここはさっさと乗り替えるべきでしょう。
---
富田隆(とみた たかし)
サンマークライフクリエーション顧問。1949年、東京生まれ。上智大大学院で心理学を専攻。現在、駒沢女子大学教授。TV、ラジオ、雑誌などで若者の心を的確に捉えた評論活動を展開している。著書に『プラス・イメージ革命』、『マインドシフト10の法則』、『恋愛の心理』他多数。
------------

と、まぁさっさと乗り替えるべきと素敵なコメントをしてくれるのだけれども。

結局「結婚する」が前提なのよね。
そりゃ、この人たち(結婚紹介所みたいな)にとってそうしないと食いっぱぐれるんだけどあたしたちの立場ってないわね~。
でも、ゲイの紹介所ってバーとか発展馬とかだから必要ないって言えば必要ないわね。無駄にお金を使うこともないし。
ノンケの殿方たちはホントに大変ね。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ